早稲田WIRP

イベント

ホーム > イベント > 【2017年1月16日】第1回WIRPワークショップ ~研究力アップのためのデータサイエンス活用~

EVENT2017.01.16

【2017年1月16日】第1回WIRPワークショップ ~研究力アップのためのデータサイエンス活用~

第1回WIRPワークショップ

~研究力アップのためのデータサイエンス活用~

※WIRP=Waseda Integrated Research Platform

 

近年、様々な研究分野においてデータによる実証の重要性が高まっ

ています。

その一方、人工知能やビッグデータなどのデータ解析技術もまた急

速に発展している状況にあります。

そのため、本学で行われている多種多様な研究において、これら

データ解析技術を適切に活用することができれば、より特色のある

新たなる研究成果・研究領域の創発が期待されます。

そこで、分野を問わず多様な研究者を対象に、以下のとおり、

データ解析の研究への活用に関するワークショップを開催しました。

 

■概要

日 時:2017年1月26日(木)15時~17時半(予定)

場 所:120-4号館405室

 

(120-4号館アクセスマップ)

http://www.waseda.jp/rps/access/

 

対象者:早稲田大学の教職員、大学院生(博士後期課程)

人 数:40名程度(先着順)

言 語:日本語

 

■内容

1.開会の挨拶

 

2.WIRPの説明(松嶋敏泰 研究推進部長、理工学術院教授)

 

3.チュートリアル

「若手研究者のためのデータ解析研究活用法(仮)」

(後藤正幸 理工学術院教授)

 

専門分野を問わない若手研究者を主な対象とし、データ解析に

関するチュートリアルを行いました。基本的な統計解析手法から

最近のビッグデータ解析手法を概説し、どのようなデータから

何が分かるのか、どのような学問分野、研究に活用可能かにつ

いて解説後、活発な質疑応答が行われました。

 

4.パネル討論

「『早稲田の研究』におけるデータ解析の活用法」

 

様々な研究分野の研究者により、データ解析の活用法について

熱い議論が展開されました。

 

※ワークショップ終了後、同会場にて1.5-2時間程度の懇親会

が開催され、多くの参加者が熱心に意見交換を繰り広げました。

 

 

■主催・お問合せ先
研究推進部研究企画課
E-mail: